2010年04月30日

<口蹄疫>農家に支援策 農相発表(毎日新聞)

 宮崎県の畜産農家で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」感染の疑いが強い牛が相次いでいる問題で、赤松広隆農相は23日の閣議後会見で、牛の移動・搬出制限区域内の農家に対する融資枠の拡大などの支援策を発表した。また1例目のウイルスが、4月に韓国で発生したケースと同じO型だったことを明らかにした。

 当面の資金対策として、家畜疾病経営維持資金の融資枠を現行の20億円から100億円に拡大する。さらに出荷時期を超えた家畜の処理や避難用畜舎の費用助成なども支援策に盛り込んだ。【佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:感染疑いの牛、新たに2頭発見 計14頭に 宮崎
口蹄疫:宮崎の牛、疑い新たに3頭 計12頭に
口蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
口蹄疫:さらに6頭に感染の疑い 宮崎
口蹄疫:1週間さかのぼり調査へ 農水省

子どもの村 福岡で開設 虐待受けた子ら里親と(毎日新聞)
口蹄疫疑い牛4例目=殺処分264頭に拡大−宮崎(時事通信)
「商品に毒物」、ローソン恐喝=現金受け取りに来ず−警視庁(時事通信)
7日ぶり全路線運航再開=日航、全日空の欧州便(時事通信)
6月13日にはやぶさ帰還=豪州砂漠でカプセル回収−宇宙機構(時事通信)
posted by オクヤマ ヒロミチ at 00:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。