2010年06月04日

シンドラーエレベーターのロープ破断 渋谷の歩道橋(産経新聞)

 国土交通省は31日、東京都渋谷区のJR渋谷駅東口の歩道橋に設置されたシンドラーエレベータ社が製造し保守管理するエレベーターで今年4月、かごをつり下げる金属製のロープ3本のうち1本が切れ、運転停止状態になっていたと発表した。けが人はなかった。

 同省は点検作業に問題があった可能性もあるとして、同社が保守業務を行っている全国の約5千基のエレベーターのロープを緊急点検するよう自治体などに指示した。

 エレベーターは11人乗りで、高低差は5・4メートル。シンドラー社が平成18年1月に設置し、保守管理している。4月23日午後、シンドラー社の担当者が月に一度の定期点検に訪れ、緊急停止状態になっているのを発見。確認したところ、金属線8本を束ねてできた長さ37メートルのロープ1本が、かごに近い部分で破断していた。点検の直前までは平常通り作動していた可能性が高いという。

 同社は3月23日の定期点検後、この破断したロープの「一部にさびがある」として経過を観察すると同省に報告していた。

 国交省によると、エレベーターのかごを支えるロープは、1本が切れても安全に支障がない構造にするよう建築基準法で義務づけられている。このため、通常1本でかごをつる強度があっても、2本や3本のロープを設置している。

 シンドラー社製のエレベーターをめぐっては平成19年、東京都杉並区のマンションで、ロープの金属線束の一部が破断しているのが見つかっている。

【関連記事】
エレベーター事故を運輸安全委の調査対象に 遺族宅で前原国交相
エレベーター安全神話崩壊 精密機械の落とし穴
シンドラー社製エレべーター事故 遺族、国交相に調査機関要請
「調査報告書に意見言えない」シンドラーが国交省に抗議
「兆候把握しながら放置」シンドラー側起訴に至った地検の判断

<高校無償化>朝鮮学校への対応、検討会議始まる 文科省(毎日新聞)
<ローラー付き子供靴>「ご注意」 転倒・巻き添え事故相次ぐ(毎日新聞)
福島消費者相の罷免決まる、閣議で署名拒否へ(読売新聞)
「辞めるべきは福島氏でなく首相」…石破氏(読売新聞)
宮崎の主力級種牛5頭、2・3回目の検査シロ(読売新聞)
posted by オクヤマ ヒロミチ at 15:53| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。