2010年04月26日

<龍馬>「いろは丸」ポルトガルから 通説覆す(毎日新聞)

 坂本龍馬の海援隊が、大洲藩から借りて使っていた蒸気船「いろは丸」は、通説と異なり大洲藩がポルトガル人から買い入れていたことが、ポルトガル語の購入契約書の解読で分かった。愛媛県大洲市が23日、発表した。オランダ人から購入したとされていたが、龍馬乗船中に紀州藩船と衝突して沈み、初の海難審判の舞台回しとなった船の出自が明らかになった。

 契約書は個人所有で、市から依頼を受けた東京大学史料編纂(へんさん)所が解読。1866(慶応2)年9月22日付で、商人兼ポルトガル領事のロウレイロが長崎で4万メキシコ・パタカ(1万両相当)で大洲藩に売却し、「いろは丸」と称する、などと記されて、藩主代理の国島六左衛門がサイン。契約後に記された藩主・加藤泰秋の署名もあった。

 いろは丸は翌年4月23日、広島県・鞆の浦沖で衝突し沈没。賠償交渉は、龍馬が万国公法(国際法)に基づいて紀州藩から賠償を勝ち取った、国内初の海難審判とされる。

 解読を担当した同編纂所の岡美穂子助教は「通説は、当時の事情から幕府へ届け出た虚偽の内容から広まった可能性がある」と話している。【中村敦茂、門田修一】

国病機構の病院事業「規模縮減」―事業仕分け第2弾(医療介護CBニュース)
<日米行政協定>米兵犯罪の裁判権放棄 「密約文書あった」(毎日新聞)
福島党首、石原知事の発言「人種差別」と批判(読売新聞)
「どないなっても知らんぞ」 公共工事の下請け強要未遂容疑で男を逮捕 大阪(産経新聞)
高速新料金、6月実施困難に=国会審議経ての修正に含み−前原国交相(時事通信)
posted by オクヤマ ヒロミチ at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。